30代以上の中年女性も加齢臭がしてきます!

 

加齢臭は男性だけではありません!

30代以上の中年女性にだって加齢臭がしてきます!

加齢臭のニオイ原因は皮脂汚れを餌に活発化したバクテリアが出すノネナール。ローソクのようなニオイで男女ともに40歳代以降に増加が認められます。

 

加齢と共に、体内では脂肪酸が増え、酸化を促し、バクテリアの餌である皮脂汚れが作り出されてしまいます。30代ぐらいの若い女性でも、顔や胸、背中などの皮脂腺が多い部分から加齢臭がすることがあります。

 

喫煙・飲酒・ストレス・不規則な生活・脂っこい食事はノネナールの発生を促す結果になり、加齢臭が強くなる原因に。

 

男性のほうが加齢臭を強く感じる理由には、皮脂の分泌量
が多いことやニオイケアへの意識が低いことが多いためです。

 

≫加齢臭対策せっけん比較≪

 

閉経後は男性と変わらなくなる!

中年の体臭や加齢臭を消す・防ぐグッズ情報!
皮脂の酸化で、皮脂汚れを生み出しバクテリアの餌を作って
しまうわけですが、女性ホルモンが酸化に対する抑止力が男性
より強いので、女性は男性ほど、加齢臭がしません。

 

しかし、閉経がおこる50代、60代女性は、女性ホルモン分泌が
著しく低下してくるため、男性とニオイが変わらなくなってきます。

 

ニオイケアには加齢臭専用のボディソープや石鹸が非常に有効。
普通の石鹸では届かない、深部の皮脂汚れを除去できます。
ニオイ原因が一緒なので、基本的に男女兼用が可能です。

 

加齢臭セッケン比較はこちら