≪加齢臭≫中年・高齢はどうして身体が臭う?原因とは

 

加齢臭は臭い成分「ノネナール」とが原因!!

もともと日本人は低脂肪で植物性食品が中心の食生活のため、体臭・加齢臭が少ない民族でした。

 

ですが、近年では脂肪分の多い食事、さらに拍車をかける運動不足がノネナールを生み出しているのです。

 

≫加齢臭対策せっけん比較≪

 

≪中高年の体内でノネナールが作られるメカニズム≫

  • 加齢により、体の抵抗力が低下。
  • 皮脂が酸化しやすくなり皮脂汚れが促進。
  • 皮脂腺から出てきた皮脂汚れに、空気中のバクテリア付着。
  • バクテリアが繁殖・発酵し、ノネナールが発生。

 

 

また、皮脂の増加、酸化の加速、抵抗力の低下の原因となる
喫煙・飲酒・ストレス・不規則な生活・脂っこい食事は
ノネナールの発生を促す原因になり、加齢臭が強くなります。

 

 

≪加齢臭対策として出来ること≫

 

【加齢臭、専用石鹸を使う】
一番、手っ取り早い対策で、普段使っている石鹸やボディソープでは、表面的な
汚れや臭いを取り除くだけで加齢臭のニオイをとることは出来ません。専用石鹸
なら皮膚の奥底の皮脂汚れを取り除き、ノネナール生成を阻害することができます。

加齢臭セッケン比較はこちら

 

【生活習慣を改善する】
タバコやお酒がやめられそうなら止める。ただし、止めたことによりストレスを感じるようなら
効果は薄くなります。食習慣は野菜や魚を中心とした食事にシフトしましょう。

 

【ストレス解消できる方法を見つける】
ストレスは身体の免疫力を低下させることがわかっています。免疫の低下はノネナール
生成を促しますので、ストレスを感じない、解消できる日々を送りましょう。